米朝会談復活の可能性がある?駆け引きが続く米朝関係

米朝会談が中止になったのはここ最近の話ですよね。
トランプ大統領は北朝鮮との信頼関係が完全では無かったとコメントをしていました。
北朝鮮側も遺憾であるとコメントしていました。

これで完全に終わったな・・・
って思っていたんですけどね。

しかし、ここに来て急展開が。

トランプ大統領によると予定通りの6月12日に行われる可能性もあるとのこと。
これが実現すれば歴史的にも大きな意味を持ってくると思います。

今はまだ何とも言えないと思いますが、米朝間で駆け引きをしているとこを見てもまんざら完全に中止という感じではなさそうな気もしますよね。

米朝会談復活の話が出てきたのは先日の事なのでまだハッキリとは分かっていない部分も多いんですけどね。

色々見ているとトランプ氏が中止を発表した後に出された北朝鮮側の談話が復活の可能性を高めたんだと思います。

一部抜粋させてもらいます!

北朝鮮側からだされた談話によると、トランプ大統領が勇気ある決断をし、首脳同士の対面をもたらすために努力したことを内心高く評価してきたとなっています。続けて、我々はいつでも、どんな方法であれ、対座して問題を解決する用意があるとも談話で発表されています。

これに対してトランプ大統領も反応を示しています。

北朝鮮から温かく生産的な声明が届いたのは良いニュースだとしています。どうなるかいずれ分かるだろう、恒久的な繁栄と平和につながることを望んでいる。と前向きな姿勢であることが分かりますよね。

北朝鮮側からの談話にとても良い声明だとして、我々も実現させたいとの意思を示していますね。

お互いの意思がしっかりと通じ合って会談が実現すれば、これからの世界にとっても日本にとっても大きな一歩であることは間違いないと思います。
出来ることなら予定通りの日にちで無いにしても米朝会談を実現させて欲しいと思います。

まだまだ問題はあることは確かだと思います。
北朝鮮国内やアメリカ国内などでもまだまだ色んな準備不足や意見なども出ているということなので、なかなか前に進めない感もあると思います。

これからどう展開していくのかは分からないですけど、非核化に向けての第一歩として世界的にも大注目の会談になる事は間違いないと思っています。

これから、一転・二転と状況はめまぐるしく変わってくると思いますが、トランプ氏と金正恩氏にの動向にも注目していきたいですね。

どういう風に動いていくか今後のニュースにも注目していきたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする