ワールドカップ2018!世界に日本の強さを見せた感動の敗退

ワールドカップロシア大会は本当に感動させてもらってばかりでしたよね^^

初戦のコロンビア戦。
最初は多くの方が負けると思っていたんじゃ無いでしょうか?

前評判では日本が一番弱いと言われてきましたからね。

でも、コロンビアに初勝利を飾ってくれました。
終始攻めて、守備でもみんなで守って。
これが日本のサッカーだと気迫や気持ちが伝わる一戦だったと思います。

二戦目のセネガル戦。
これも厳しい戦いになると言われていましたよね。

でもドロー。
二度にわたって追いついて、ドローに持ち込む日本の強さ。

今までの日本なら逆転された時点で負ける覚悟をしていたんですけど今回は、追いつける!
って思えるというか自然と思っていましたよね。

色んな意見が飛び交った三戦目のポーランド戦。

一点先制されてから攻撃的に戦ったいましたがセネガルが先制されたと情報が入ってからは失点とカードをもらわない戦いに変わりましたよね。

世界ではガッカリした・・・
他力本願だ・・・

など言われてきましたが、自分はこの決断があったからこそベルギー戦があったと思っています。

あの決断も信頼関係があって、西野監督が全ての批判と責任を受ける覚悟で出した戦略だと思います。
本当は攻めたいし点を取って自力での決勝リーグ決定を勝ち取りたかったと思います。

でも、そんな気持ちを抑えての作戦でしたよね。
見事だと思います。

世界の評価を変えたベルギーとの一戦

昨日行われたベルギーとのベスト8をかけての一戦!
深夜3時にもかかわらず視聴率が30%を超えていたんですよね。

自分も仮眠してから見ました^^
本当に感動の一言でしたよね。

先発メンバーは、第1戦のコロンビア戦と同じでした。

個人的に一番注目していたのは乾貴士選手です。
同じ滋賀県出身で全国高校選手権の時も見ていました。

この大会でずっと出ていて本当に嬉しくて感動していました^^

ベルギー戦でも本当にすばらしかったですよね。

まずは前半
攻め込まれる場面も多々あって、テレビで見ているだけなのに本当に気が抜けない展開でした。

後半に歓喜と衝撃とショックが一気に来ましたよね。

まずは3分、芝崎選手からの絶妙なパス。
これを原口元気選手が見事にゴールに突き刺しました。

深夜なのに思わず叫んでしまいました(笑)

そのわずか数分後にまた叫びました。
香川選手がキープから乾選手にパス。
矢のような一撃だと海外でも絶賛のスーパーミドルシュートが炸裂しました!

ほとんどモーションも無いような感じだったのにすごいシュートでしたよね!

ここまでは歓喜です。

ベルギーの選手交代が大成功になったんです・・・
フェライニ選手・シャドリ選手です。

本当にすごい選手です。

2点先制してからも攻める姿勢は変わらなかったんですけど、この二人の投入によって少し流れが変わった感じがしましたよね・・・

フェライニ選手に同点弾・後半アディショナルタイム残りわずか10秒とかそんな時間で逆転のカウンターからの失点・・・

これも攻めてコーナーキックをキーパーにキャッチされてからの本当に早いカウンターでした。
そこでタイムアップ・・・

その場で泣き崩れる乾選手や芝を叩いて悔し涙を流す昌子選手。
自分も涙が出ました。

でも本当にかっこいい試合で誇りに思います。

最後の最後まで攻める姿勢を魅せた日本に世界からは賞賛の声が上がっています。
世界に通じるサッカーを日本代表が証明してくれた1戦ですよね!

日本代表の皆様 
本当にお疲れ様でした!

今大会は番狂わせが多い大会になっています。
どこが優勝するか分からないですけど最後まで見届けようと思います^^

出来ればベルギーが優勝で優勝国と互角に戦ったんだぞって言わしたいですね(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする