危険な猛暑!熱中症にならないように対策はしっかりと・・・

今年の夏は本当に異常ですよね・・・
豪雨があったかと思えば、次の日から酷暑・・・

本当にこの急激な変化で対応が出来なくて熱中症になってしまったという方が本当に沢山いますよね。

連日テレビでは危険な暑さ・熱中症対策・エアコンは必ず付けて下さい。
など聞きますよね。

気象庁からの異例の会見などもあってこの猛暑が本当に危険だと言うことがよく分かります。

去年も暑いと思っていたけど今年の暑さに比べるとマシだったんだなって思うくらいですからね・・・
そんな今年を乗り切るために必要なことは知っていますか?

意外と知らない人もいるのでおさらいしていきますね^^

熱中症対策に必要なこと!

まずは第一条件というか昼間の暑い時間帯に外やむやみに外出しない方が良いです。
それでは熱中症対策として必要なことを書いていこうと思います。

・部屋の温度管理

今までは28度設定と言われていたんですけど、今年はそれでは熱中症の危険があると言うことなので設定温度は26度くらいが良いとテレビで言われていました。

・こまめな水分補給

熱中症の大きな原因の一つとして脱水症状があります。
この暑さの中水分を補給しないと言うことはとても危険なんです。

それはエアコンの中にいても同じで最近ではエアコンの中でも脱水症状で熱中症と言うこともあります。

寝る前のコップ1杯のお水・朝起きてからはお味噌汁が良いと言われているので心がけて欲しいと思います。

・日中の外出は控える

どうしても出ないとダメだと言うような用事がない場合は出来るだけエアコンの中で過ごす事を気象庁が推進しています。

あまりにも暑い日は家でゆっくりと過ごす方が良いと言うことです。

これが熱中症予防と対策になります。
知っているという方も多いですけど、今年は気象庁が発表しているくらいなので是非このような対策は取って欲しいと思います。

それと大事なことは夜寝るときのエアコン!

タイマーはしない方が良いと言われています。
タイマーが切れたときに起きてしまって睡眠不足になるし夜もそこまで気温が下がらないので熱中症の危険も高まります。

ちょっとそこでおすすめしたいのがひんやりマット。
温度設定を高めにしてひんやりマットを敷くことでエアコンが苦手な人もちゃんとした睡眠を取ることが出来ます。

熱中症の危険を回避 さいごに

いかがでしたか?
熱中症にならないように対策をしっかりとすることが必要になってきます。

特に今年のような猛暑では命の危険もあるので是非気をつけて欲しいと思います
熱中症対策をしっかりとすることでこの猛暑を乗り切っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする