琵琶湖でのバス釣り冬におかっぱりは釣れない?朝マズメ狙いで攻略!

琵琶湖も段々寒くなってきてバス釣りをしているのが辛い時期になってきましたね。
ホント凍えながらバス釣りに行ってます(笑)

今の時期皆さんはバスは釣れていますか?
今の時期でもボートでの釣果は結構上がっているという報告は聞いているんですけどね。

じゃ~冬の琵琶湖でおかっぱりは釣れないの?
って感じちゃうけどそんなことは全くないですからね。

琵琶湖も広いので、釣り場所にもよるんだけど時間帯と使うものによってはボートよりも釣れる可能性がおかっぱりにはあるんですよ。

個人的データで、釣れる時間帯・釣れるワームなど紹介していくので、おかっぱり専門だという方は少しでも参考にして欲しいと思います。

琵琶湖のバス釣りで冬のおかっぱりの釣果は?

琵琶湖でのバス釣りは結構ボートで釣っている方を見かけますが、おかっぱりでも十分釣果が上がっているんです。
特に冬場おかっぱりからの釣果が自分は良いんです。

バス自体も活性が悪いというのは皆さん知っていると思います。
それをボートで探しながらめぼしいポイントで釣るというのはかなり効率は良いとは思います。

だからといっておかっぱりが釣れないと言うわけじゃ無いんですよ。
バスも水深が深いとこを好むも個体もいれば、浅瀬の日の当たる場所や流れがゆっくりの藻が生えているエリアを好む個体もいるんです。

そういったおかっぱりからでも十分に狙える位置にもデカバスはいるんですよ。
シャローだから釣れないと言うことは全くないです。

そこで釣果が高いワーム・時間帯なども紹介していきますね。

冬のバス釣りを釣れないから釣れるに変えるワーム特集

ここからは実績(釣果)がある、オススメのワームを特集していきたいと思います。
かなり使い勝手が良いので是非とも使って欲しいと思います。

かなり釣れるワームなので使っている人の方が多いとは思うんですけど、今回はゲーリーヤマモトの中でも人気の高いワームあえて紹介していきます。
まだ知らないという方は必見のめっちゃ釣れるワームです。

釣れるワームの大定番 カットテール

バスを釣ると言うことに関しては間違いが無い一本です。

カットテールは本当に釣れるワームの代表格でいつの季節でもボウズ回避には一役買ってくれるオススメのワームになっています。

とにかく釣れるワームなので使っている方はめっちゃ多いと思います。

カットテールの特徴は?

・集魚力

まずは集魚力が凄いです。
春夏秋冬どの季節でも確実にバスを引き寄せてくれます。

これがカットテールの魅力ですね。

・使いやすい

どんなリグにも対応してくれるので、季節に合わせた釣りがしやすくなっています。
今の冬場ならジグヘッド・ダウンショット・キャロ系など様々な使い方が出来るワームです。

・釣れる

集魚力・色んなリグに対応していることでかなり釣果が上がります。
実際に今日は無理かなぁ~って思っている日でも一発逆転で何本かあげることが出来ましたからね。

ポイントをサラッと書いただけでも釣れる期待度が高いというのが分かってもらえますよね。
使っていると結構カットテール頼りになる場面も多いです(笑)

と言うくらいの信頼感です。

チビバスからデカバスまで センコー

センコーもゲーリーヤマモトの中で釣れるワームとして人気が高いです。
自分は使い始めたのがそんな前じゃなくて2年前くらいからなんですけど頼れるワームです。

センコーの特徴は?

・集魚力

センコーもかなり集魚力が高いワームだと思います。
2インチ・3インチだとバスだけでなくギルまで釣れてきますからね(笑)

他のワームに負けない集魚力があります。

・経済的

これはセンコー独特のフォルムのおかげでかなり経済的なんです。

ダウンショットなどでちょん掛けで使う場合、左右対称になっているので一ヶ所破損しても反対側が使えるし、ワッキーとしても使う事が出来るのでワームの持ちがかなり良いです。

一本で三ヶ所使う事が出来ます。

・釣れる

独特のフォルムが特徴のセンコーはフォールの時に釣れることが多いです。
ス~っと真っ直ぐ落ちてくれるので狙ったポイントで釣ることが出来るんですよ。

インチ的にも3インチがかなり釣れると思います。
ダウンショットやジグヘッドなどでもかなり釣果が上がるので使って欲しいワームです。

少し特徴を書いてきましたが魅力的じゃないでか?
ワームは強度が弱いと言う弱点もなく経済的で良く釣れるワームになっています。

経済的にも釣果的にもオススメのワームです。

冬のバス釣りは朝マズメをワームで攻略

ワームとともに重要なのが時間帯です。
むやみに時間を考えないでバス釣りに行ってもこれからの季節はボウズになってしまうこともあると思います。

そこで、重要な時間帯はいつか?
やっぱりどの季節であっても【朝マズメ】というのは強い時間帯だと思います。

冬でもそうです。
朝マズメはかなり釣果が高い時間帯になっています。

自分は仕事もあってなかなか朝マズメに向かうことが出来ないけど、先輩は朝マズメでずっとコンスタントに釣果をあげているんですよ。

だからこそ、今回紹介した釣れるワームと朝マズメという時間帯で冬の琵琶湖をおかっぱりから攻めれば釣果が上がると思います。

琵琶湖の冬は朝マズメでおかっぱりで攻略 さいごに

いかがでしたでしょうか?
琵琶湖の冬はボートでなくてもおかっぱりでも十分釣れるんです。

使うワーム・時間帯【朝マズメ】を考えることで釣果が格段に上がるんですよ。

冬でも朝マズメの時間帯で紹介した釣れるワームでおかっぱりからバス釣りをしてみて下さい。

もしも紹介したワームを持っていないなら是非とも一度買ってみて下さいね^^
冬のバス釣りでもボウズ回避出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする